おすすめ記事をPICK UP!

第4戦プレビュー「勢いは保たれるのか、流れは変わるのか?」

全日本モトクロス選手権は、早くもシーズン中盤戦に突入。第4戦SUGO大会は、6月4日(土)~5日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催されます。「東北モトクロス界の聖地」とまで言われるSUGOのインターナショナルコースは。宮城県南部の村田町に設けられた大型モータースポーツ施設の一角にあり、いつも熱いバトルが繰り広げられます!

SUGO-image
迫力の直線スピードと、名物の大坂!

2015sugo

2005年から3年間は実際にモトクロス世界選手権も開催された、スポーツランドSUGOのインターナショナルモトクロスコースは、ふたつの丘にまたがるようにレイアウトされています。スターティングゲートやフィニッシュジャンプから見ると、前半は左側、後半は右側の丘を走るイメージ。前半には、斜度が約30度で長さが約70mもある上り坂の名物「大坂」をはじめ、急なアップダウンが多め。後半は、“丘の向こう”となるハイスピードなヨーロピアンセクションや、勝負どころとなりやすいリズムセクションなどが設けられ、前半と同じくこちらも多彩なテクニックが要求されます。
昨年と一昨年は、年間3戦が設定されていたSUGOでの全日本選手権。今季は夏の大会がなくなり、この第4戦と最終戦の開催となります。このコースはこれまで、頻繁にレイアウトの小変更を繰り返しており、ときにはそんなニューセクションがドラマの舞台となってきました。
ちなみに昨年の春大会は、予選が行われた土曜日の早朝まで雨が降り、路面はマディコンディション。このためショートカットコースが使われましたが、その後にコンディションが回復されていくと、SUGOならではの夜を徹した入念なメンテナンスによって、日曜日はベストな状態が大会最終レースまで保たれました。

豪華グッズ付き観戦券は残りわずか!

今大会では今年も、コンビニエンスストア(セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/サークルケーサンクス)またはプレイガイド(ローソンチケット / チケットぴあ / CNプレイガイド / イープラス)にて、「グッズ付き前売り観戦チケット」が発売されています。ヤマハまたはホンダのオリジナルグッズ引換券がついて、シングルで3100円、ペアチケットならなんと5200円というお得な設定がされているのは、昨年と同様。しかも今年は、ヤマハのオリジナルグッズがミニフラッグに加えてレース観戦に便利な単眼鏡となっています!
大会1週間前の情報で、ヤマハバージョンもオリジナルクリアケース&フラッグがもらえるホンダタイプも、残りわずか。観戦予定でヤマハやホンダのファンという方は、早めに問い合わせを!

第4戦で注目のライダーは?

シーズン序盤、全日本最高峰クラスとなる4スト450ccマシンを駆るIA-1では、Team HRCの成田亮選手(#982)が最高のスタートを切り、開幕から第3戦ヒート1まで5連勝。しかし同ヒート2で、昨年はケガにより全戦欠場となったヤマハファクトリーチームの平田優選手(#99)が今季初優勝を挙げ、初めて成田選手に土をつけました。第4戦の舞台はスポーツランドSUGOで、成田選手の地元。

成田亮(IA1クラス)
narita
平田優(IA1クラス)
hirata

ただしこのふたりの他にも、ここを得意とする選手は多くいます。スズキファクトリーチームの熱田孝高選手(#2)も、仙台が地元でここはよく走り込んでいるコース。ケガで第2戦と第3戦は欠場となりましたが、今季からカワサキのファクトリーマシンを駆る小方誠選手(#4)も、このコースで例年速さをみせています。昨年は結果を残せませんでしたが、カワサキファクトリーチームの新井宏彰選手(#331)も、SUGOとの相性がよいライダーです。そして、ヤマハファクトリーチームの三原拓也選手(#6)は、ここまでランキング2番手と絶好調。ヤマハのホームで、自身初の全日本最高峰クラス優勝をめざします。

ia1

なお、4スト250ccマシンが走るIA-2ではTeam HRCの能塚智寛選手(#28)、レディスクラスでは今季からT.E.SPORTに在籍する中野洋子選手(#3)が、開幕から優勝を続けてこの大会を迎えます。連勝記録を伸ばせるか、こちらにも注目が集まります。

4

JMX観戦達人のちょい技「タイムリーな秋保にも……」

スポーツランドSUGOからもっとも近い大規模都市は仙台。土曜日の予選と日曜日の決勝を両方楽しむ場合、仙台市内に宿を取るのがスタンダードです。しかしじつは、SUGOのある村田町からは、山形道を使うと山形市内も遠くありません。SUGOから仙台市内までは30kmほど。たいして山形市内は約50kmで、その差は20km。一般道で考えると、ちょっとアクセス時間の差があるイメージですが、高速道路での移動なら15分ほどの時間差に収まります。また一部関係者には、ちょうど村田町から見て西側20kmほどの位置にある遠刈田温泉、あるいは北側20kmの場所にある秋保温泉も、人気の宿泊地になっています。ちなみにこのうち秋保温泉は、大会の2週間ほど前に「G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議」が伊勢志摩サミットに合わせて開催された場所。近年は、スーパーマーケットの「主婦の店さいち」で売られている「秋保のおはぎ」が全国的にメジャーとなりつつあります。

チケット情報はこちらから

関連記事

  1. 第7戦は24日19時から放送!(BS12トゥエルビ)

  2. Fresh!で2016年レースを振り返ろう

  3. 田中教世選手現役引退について

  4. 明日放送、第5戦神戸大会<RIDE&DRIVE>

  5. メディア更新情報第8戦レースレポート

  6. Mxon2016日本代表決定!

  7. ヤマハファクトリーレーシングチームの第7戦は

  8. MXGP 第3戦アルゼンチン

  9. 全日本モトクロス第8戦【土曜日速報】

特集記事

IA1CLASS POINT
1山本 鯨306POINT
2小方 誠295POINT
3成田 亮248POINT
4平田 優244POINT
5新井 宏彰222POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基274POINT
2渡辺 祐介271POINT
3小川 孝平237POINT
4岡野 聖235POINT
5安原 志203POINT
PAGE TOP