おすすめ記事をPICK UP!

全日本モトクロス第4戦【土曜日速報】

全日本モトクロス選手権の今季第4戦は、宮城県のスポーツランドSUGOが舞台。その各クラス予選が、6月4日(土)に行われました。天候は晴れで、初夏らしい陽気により最高気温は29度まで上昇。路面はドライコンディションでした。今季これまで、IA-2では能塚智寛(#28)、レディースクラスでは中野洋子(#3)が、全勝を挙げています。連勝記録の更新を賭けて、まずは両者がどんな予選運びをするかにも、注目が集まりました。

IA1hirata
IA1narita

[ IA1 ]20台による10分+1周の予選レースが実施されました。ホールショットは、前戦決勝ヒート2で今季初優勝を挙げた平田優(#99)。これに小島庸平(#1)と成田亮(#982)が続くと、名物の大坂で成田が前に。しかしすぐに平田が抜き返して平田、成田、三原の順で1周目をクリアすると、3台が接近戦を演じながら、後続を少し引き離す展開となりました。中盤、3台によるトップ争いは激しくなり、一方で4番手争いでは深谷広一(#13)が先行。5番手に下がった小島の後方には熱田孝高(#2)が迫りました。トップ争いは、残り2周で成田が平田を攻略。そのまま逃げ切りました。予選トップ10は成田、平田、三原、深谷、熱田、小島、星野裕(#9)、新井宏彰(#331)、田中教世(#8)、小方誠(#4)の順でした。

IA2watanabe
IA2koga-1

[ IA2 ]41台が2組にわかれて10分+1周の予選レースを走り、30名の決勝進出者を決めました。
A組では、好スタートの北原岳哲(#43)をすぐに渡辺祐介(#32)がパス。岡野聖(#31)も続きました。さらに、やや出遅れた能塚智寛(#28)も加わり、2周目からは3台がトップ争いを展開。ところが中盤、能塚は転倒で遅れました。岡野は最後まで渡辺のマークを続けるも順位は変わらず、能塚は3位でゴールしました。B組は、古賀太基(#122)と竹中純矢(#29)がスタート直後から激しいトップ争い。これを古賀が制すと、中盤以降にリードを拡大して逃げ切りました。決勝進出トップ10は渡辺、古賀、岡野、竹中、能塚、小川孝平(#912)、横澤拓夢(#36)、田中雅己(#113)、北原、渡辺涼太(#54)となりました。

LMXnakano
LMX_takeuchi

[ Ladies ]48台が2組にわかれ、わずか3周の短い予選レースに挑みました。A組は、開幕から今季負けナシの中野洋子(#3)が好スタートを切り、これに続いたチームメイトの高橋絵莉子(#25)や川井麻央(#16)らを順調に引き離して、トップチェッカーを受けました。B組は、14年女王の竹内優菜(#2)を、1周目に追い上げた開幕3戦連続2位の畑尾樹璃(#14)が僅差でマーク。しかし最後まで順位は変わらず、竹内がトップとなりました。決勝進出トップ6は竹内、中野、畑尾、高橋、本田七海(#4)、安原さや(#1)でした。

関連記事

  1. 本日発売!GARRRR1月号

  2. 全日本モトクロス第8戦【土曜日速報】

  3. Honda二輪モータースポーツ活動計画

  4. ダカールラリーはKTMが16連覇!

  5. Honda モータースポーツ発表会!

  6. ホンダ モータースポーツサンクスフェア

  7. MFJ MOTO AWARDS 2016

  8. 成田亮のアメリカトレーニング

  9. どちらも本日発売です。

特集記事

IA1CLASS POINT
1小方 誠169POINT
2山本 鯨164POINT
3成田 亮161POINT
4平田 優136POINT
5新井 宏彰110POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基174POINT
2渡辺 祐介139POINT
3小川 孝平133POINT
4安原 志119POINT
5岡野 聖116POINT
PAGE TOP