おすすめ記事をPICK UP!

全日本モトクロス第5戦【土曜日速報】

シーズンの中間地点となる全日本モトクロス選手権第5戦は、「スーパーモトクロス in 神戸エアポート」として、神戸空港がある人工島に設けられた特設コースで開催されました。昨年に続いて2度目の全日本開催となるコースは、フラットな空き地に土と砂を搬入して、ジャンプやタイトターンが多めで距離が短い、スーパークロス風の仕様とされています。各クラスの予選が実施された7月2日(土)の天候は晴れ。最高気温は29度でした。

[ IA1 ]22台が10分+1周の予選レースを実施。ホールショットは、前戦で今季2勝目を挙げた平田優(#99)。これに北居良樹(#100)、小島庸平(#1)、星野優位(#166)が続くと、北居は4番手に順位を下げ、平田を小島が追う展開となりました。3周目、星野はクラッシュで後退。平田は、この周からリードを広げていきました。これで小島と北居が単独走行に。4番手争いでは、ペースが上がらずにいたランキングトップの成田亮(#982)に、新井宏彰(#331)が迫りました。しかし終盤、荒れた路面を攻略した成田がペースアップ。最終周に最速タイムを叩き出して、新井を振り切りました。予選トップ10は平田、小島、北居、成田、新井、熱田、田中、深谷広一(#13)、伊藤正憲(#12)、小方誠(#4)の順でした。

[ IA2 ]41台が2組にわかれて10分+1周の予選レースを走り、30名の決勝進出者を決めました。A組では、古賀太基(#122)とポイントリーダーの能塚智寛(#28)が好スタート。1周目に能塚が古賀を抜くも、2周目に能塚は転倒で大後退。代わって田中雅己(#113)が古賀に迫ると、最終ラップで逆転しました。3位は、序盤から単独走行となった高輪喜樹(#58)でした。B組は、前戦で両ヒート優勝を果たした岡野聖(#31)が、スタートからトップに立ち、そのまま独走しました。2位は、単独走行が続いた竹中純矢(#29)。前半に追い上げた小川孝平(#912)が3位でした。決勝進出トップ10は田中、岡野、古賀、竹中、高輪、小川、池本凌汰(#38)、森優介(#05)、大塚豪太(#34)、斉藤嵩(#35)です。

[ Ladies ]40台が2組にわかれ、いつもよりも周回数が多い5周の予選レースに挑みました。A組は、本田七海(#4)と高橋絵莉子(#25)が好スタート。これにポイントリーダーの中野洋子(#3)が続くと、2周目にトップ浮上。2番手争いは、同じ周に3番手まで順位を上げた竹内優菜(#2)を、本田が抑え切りました。B組は、畑尾樹璃(#14)がホールショットを奪うと、序盤から独走。2周目に金尾里香(#11)を抜いた安原さや(#1)が、後続を大きく離して2位でした。決勝進出トップ6は中野、畑尾、本田、安原、竹内、金尾の順です。

関連記事

  1. 田中教世がチーム監督に就任!

  2. 2017シーズンプレビュー!

  3. ダートスポーツフェスティバルに熱田選手参戦!

  4. AMA SX第5戦オークランド

  5. 本日発売!GARRRR1月号

  6. 東京モーターサイクルショー

  7. 全日本最終戦レポート集めました

  8. Honda二輪モータースポーツ活動計画

  9. 全日本モトクロス選手権開幕戦決勝

特集記事

IA1CLASS POINT
1山本 鯨306POINT
2小方 誠295POINT
3成田 亮248POINT
4平田 優244POINT
5新井 宏彰222POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基274POINT
2渡辺 祐介271POINT
3小川 孝平237POINT
4岡野 聖235POINT
5安原 志203POINT
PAGE TOP