おすすめ記事をPICK UP!

Mxon2016日本代表決定!

2016年はイタリアのマッジョーラで開催されるモトクロス国別対抗戦の「モトクロス・オブ・ネイションズ」に参戦する日本代表チームのメンバーが、全日本モトクロス選手権第6戦東北大会の会場で正式発表されました。

 

今季の日本代表は、MXGPに第5戦終了時で全日本IA1のランキングトップにつけている成田亮、MXオープンに世界選手権のMXGPにフル参戦中の山本鯨、MX2には開幕から全日本IA2のポイントリーダーを守ってきた能塚智寛という布陣。オールホンダで、世界の強豪を相手に闘います。
大会は、9月24日(土)~25日(日)の開催。「モトクロスのオリンピック」に参戦するライダーたちに、ぜひ熱いエールを!

【成田亮】
走ったことはないコースですが、路面はハードパックなので、日本チームにも有利な要素はあると思います。過去最高は6位ですが、欲張らずにトップ10入りを狙います。全日本がまだ終了していない時期のレースなので、ケガにも気をつけながらのレースになりますが、ベテランとなったいまでも、自分にはトップ10を狙える実力があると信じています。

【山本鯨】
昨年、自分はこの大会でクラッシュして非常に悔しい思いをしました。もう二度と、あんな気持ちにはなりたくないです。マッジョーラは、タイトでアップダウンもあり、楽しいコースです。ネイションズの代表に選ばれるというのは、モトクロスライダーにとって憧れ。誇りを持って戦い、日本にいるファンの方々も楽しんでくれるレースをしたいと思います。

【能塚智寛】
ネイションズの代表どころか、海外でのレース経験もないのですが、海外経験が豊富な成田選手と山本選手が一緒なので心強いし、学べることも多いと思っています。速いライダーと一緒に走れるのが今から楽しみ。まだ決定していないのですが、夏休みにスイスの世界選手権に出場したいと考えています。そうなれば、マッジョーラで練習できるチャンスも……。

関連記事

  1. メディア更新情報第6戦レースレポート

  2. モトクロス通達 黄旗(イエローフラッグ)規則改定について

  3. 田中教世選手現役引退について

  4. Fresh!で2016年レースを振り返ろう

  5. オフロード雑誌情報

  6. 第8戦プレビュー「チャンピオン争いは佳境!」

  7. 全日本モトクロス第3戦【土曜日速報】

  8. AMAスーパークロス開幕

  9. 第6戦プレビュー「暑さと熱いバトルを制するのは?」

特集記事

IA1CLASS POINT
1山本 鯨306POINT
2小方 誠295POINT
3成田 亮248POINT
4平田 優244POINT
5新井 宏彰222POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基274POINT
2渡辺 祐介271POINT
3小川 孝平237POINT
4岡野 聖235POINT
5安原 志203POINT
PAGE TOP