おすすめ記事をPICK UP!

全日本モトクロス第9戦【土曜日速報】

全日本モトクロス選手権は今季最終戦を迎え、第9戦の予選が10月22日(土)に宮城県のスポーツランドSUGOで実施されました。今大会は「第54回MFJグランプリモトクロス大会」として、国際格式による開催。IA両クラスには、海外選手の参加もありました。朝の気温は一桁。天候は曇り時々晴れで、日中の最高気温は17度でした。なおIA-1、IA-2、レディースクラスは、いずれもこの最終戦までチャンピオン決定が持ち越されています。

[ IA1 ]ホンダから、AMAで活躍するコール・シーリー(#114)と14年から世界選手権に参戦してきた山本鯨(#400)が参戦。計21台が10分+1周の予選レースに臨みました。ホールショットは成田亮(#982)。しかしすぐにシーリーがトップに立つと、余裕で独走しました。2番手の成田には山本と小島庸平(#1)が迫り、3周目に山本が成田をパスすると、成田は小島とともに山本をマーク。後半、ここから小島が脱落すると、背後に新井宏彰(#331)が接近しました。ラスト2周の6周目、成田が山本をパス。山本はすぐ抜き返しましたが、最後は再び成田が前へ。これで予選トップ10はシーリー、成田、山本、小島、新井、平田優(#99)、田中教世(#8)、星野裕(#9)、熱田孝高(#2)、小方誠(#4)となりました。

[ IA2 ]40台が2組にわかれて、10分+1周の予選レースに出走。A組は、田中雅己(#113)が1周目トップ。これを渡辺祐介(#32)が追うと、2周目に逆転しました。抜かれた田中は、渡辺を必死にマーク。1周目6番手から追い上げたポイントリーダーの能塚智寛(#28)が田中と数秒差まで近づいたところで、レース終了となりました。B組は、横澤拓夢(#36)と古賀太基(#122)が好スタート。前半は、1周目に順位を上げた小川孝平(#912)を引き離して、古賀が独走しました。後半、古賀に小川が接近。しかし古賀がトップを守りました。ランク2番手の岡野聖(#31)は3位でした。決勝進出トップ10は渡辺、古賀、田中、小川、能塚、岡野、竹中純矢(#29)、横澤、植田翔太(#52)、内田篤基(#47)です。

[ Ladies ]2組50台が3周の予選レース。A組は、ポイントリーダーの中野洋子(#3)がスタート直後に転倒する波乱。レースは序盤から久保まな(#5)と畑尾樹璃(#14)が先頭を争い、終盤には西翔子(#9)と菅原悠花(#8)も迫りましたが、順位は変わりませんでした。B組は、ランキング2番手の竹内優菜(#2)がホールショットから独走。本田七海(#4)と勝股七海(#7)と安原さや(#1)の2番手争いは、終盤に本田が抜け出しました。決勝進出トップ6は竹内、久保、本田、畑尾、勝股、西。そして中野は、予選12番手でした。

関連記事

  1. 下田丈RCSXで3位表彰台!

  2. AMA SX第8戦アトランタ

  3. スーパークロス第3戦アナハイム

  4. 全日本モトクロス第7戦【土曜日速報】

  5. 全日本モトクロス第6戦【速報】

  6. 全日本モトクロス第8戦【速報】

  7. 全日本モトクロス第8戦【土曜日速報】

  8. MXGP 第2戦インドネシア

  9. 日本代表、決勝を18位で終える(MXON)

特集記事

IA1CLASS POINT
1成田 亮125POINT
2山本 鯨120POINT
3小方 誠119POINT
4新井 宏彰110POINT
5平田 優96POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基134POINT
2岡野 聖114POINT
3安原 志91POINT
4小川 孝平89POINT
5渡辺 祐介89POINT
PAGE TOP