おすすめ記事をPICK UP!

全日本モトクロス選手権開幕戦決勝

【日曜日速報】

決勝日午前中のHSR九州は、前日の天気予報を裏切る雨模様。予選以上にドロドロな路面状況を受けて、IAは25分+1周、IBは15分+1周、レディスは10分+1周に、レース時間が5分短縮されました。雨は昼前にようやく止みましたが、タフなレースが続きました。

ここでは、今大会で活躍したライダーの声をお伝えします。

IA-1 ヒート1

好スタートの平田優(#99)を抜き、1周目から成田亮(#1)がトップに。2周目、成田が転倒して平田、成田、山本鯨(#400)、小島庸平(#44)の順となると、この4台が5番手以下に大差をつけながらグループを形成。ここから徐々に抜け出した成田が優勝!

優勝 成田亮(#1)

2周目にジャンプの斜面で転んで、終わったと思いました。でも、運よくバイクを引き起こせました。バイクが軽いから! その後は、チャンピオンの名に恥じぬよう、一生懸命走りました。IA2でも、自分のチームの古賀がIAで初めて勝ったのでうれしいです!

 

2位 山本鯨(#400)

シーズンオフにチームが努力してくれたおかげで、ホンダの本拠地でTeam HRCがワン・ツーフィニッシュできました。でも、自分が一番だったわけではないので、完全に満足しているわけではないですね。成田選手は本当に速いですが、「次は勝てる」と信じたいです。

 

3位 平田優(#99)

今季は、新しいヤマハのファクトリーマシンを導入して、このレースはその初戦だったので、どうしても勝ちたかったのですが……。でもマシンのおかげで、スタートは出られました。次もホールショットを決め、成田選手に泥をかけてゴーグルを外してもらいます。

 

IA-1 ヒート2

序盤から逃げ切りを図ろうとする成田亮(#1)を、ホールショットの星野優位(#166)、ヒート1は4位の小島庸平(#44)、全日本復帰の山本鯨(#400)が追う展開。3台のバトルを制した山本が、最終ラップに成田をパスするドラマチックな展開で優勝しました!

優勝 山本鯨(#400)

戻ってきました。そして、日本でのレースに復帰してようやく、勝つことができました。自分の使命は、できることをやるということだけ。チームやスタッフの協力がなければ、シーズンオフの時間を含めて、それが不可能だったと思うので、まずは感謝したいです。

 

2位 成田亮(#1)

絶対に転べない状況の中で、山本選手の接近を許して、走りがカタくなってしまいました。山本選手は世界選手権に3年も参戦してきたライダーなので、勝って当然だと思うし、素直におめでとうと言いたい。僕のほうとしては、追う立場としてますます燃えてきました。

 

3位 小島庸平(#44)

Team SUZUKIも、今季は新型マシンを投入しました。まだセッティングなどを煮詰められていない部分もあるし、ここはホンダのホームかつ自分にとってはちょっと不得意なコースということで、今回は負けてしまいました。でも、次戦からまた勝っていきます。

 

IA-2 ヒート1

スタート直後からトップに立ったのは古賀太基(#922)。中盤までは渡辺祐介(#31)が10秒以内差で粘りましたが、渡辺の転倒で完全独走となった古賀が、IA初優勝を挙げました。渡辺が2位、序盤の転倒から順位を回復させた小川孝平(#912)が3位でした。

 

優勝 古賀太基(#922)

みなさんお待たせしました。ようやく勝てました。シーズンオフに最高のトレーニング環境を与えてくれたホンダをはじめ、チームオーナーの成田さん、支えてくれているみんなに感謝しています。地元レースだったのも、いいパフォーマンスにつながったと思います。

 

2位 渡辺祐介(#31)

本当に悔しいです。スタートそのものは遅れたのですが、1コーナーでうまく前に出られて、古賀選手の後ろを走れていたのですが、自分のミスで転んでしまい、これで大きく離されてしまいました。でも今日はもうひとつレースがあるので、そちらは勝ちを狙います。

 

3位 小川孝平(#912)

スタートで遅れてしまい、それでもすぐに3番手まで順位を上げられたのに、そこで転んでしまって前のふたりに離されてしまいました。でも調子は悪くないので、次は大丈夫。シーズンオフに、アメリカまで合宿に連れていってくれたHMJに感謝しています。

 

IA-2 ヒート2

ホールショットは小川孝平(#912)。これに古賀太基(#922)が続くと、序盤からこのふたりがレースを主導。レースが中盤に入ったところで古賀が先頭に立ち、一時は独走。終盤に転倒して小川の接近を許したものの、古賀が逃げ切って両ヒート制覇を達成しました。

優勝 古賀太基(#922)

スタートをミスっちゃったんですが、1コーナーを抜けてみたら2番手でした。トップ独走中に転倒してからは、焦ってしまいミスばかりでしたが、シーズンオフのアメリカトレーニングのおかげで、苦しい状況でも最後まで粘って勝つことができたと思います。

 

2位 小川孝平(#912)

すごく悔しいです。これまであまり得意じゃなかったスタートが、このレースでは決まって、ホールショットを奪うことができたのですが……。最終ラップに、古賀選手を抜くチャンスはあったと思いますが、自分のミスでふいに。次の関東大会は、絶対に勝ちます!

 

3位 渡辺祐介(#31)

ヒート2は勝つと宣言したのですが、実際にはあまりペースを上げることができず、コースを走るだけで精一杯という状況になってしまいました。ファクトリーチームという最高の環境を与えていただき、マシンは完璧。勝利に向け、残る課題は僕だけです。

 

レディスクラス

大幅にショートカットされたコースで繰り広げられたレディスクラスは、竹内優菜(#2)と畑尾樹璃(#3)が序盤にトップ争い。畑尾がミスで後退してから、竹内に迫ったのは久保まな(#5)。ラスト2周で竹内をパスした久保が、全日本初優勝を挙げました。

優勝・久保まな(#5)

走っている間も応援が聞こえていました。ありがとうございます。昨年は本当に「なにやってんねん」という走りだったのですが、それでも応援してくれる方々のことを想って走りました。今年は、ちゃんとみなさんを魅了できるような走りをしたいと思います。

 

※詳しいレポートは、レース開催翌日朝にアップされるMFJオフィシャルサイトをご覧ください。

関連記事

  1. オフロード雑誌発売中です!

  2. オフロード雑誌発売中!

  3. オフロード雑誌発売中!

  4. 12月11日「一将祭り!」

  5. ダートフリークのアイデア商品登場

  6. AMAナショナル第3戦 レイクウッド

  7. AMA SX第7戦ミネアポリス

  8. 2017年全日本モトクロス日程(暫定)

  9. AMAスーパークロス開幕

特集記事

IA1CLASS POINT
1山本 鯨209POINT
2小方 誠206POINT
3成田 亮201POINT
4平田 優176POINT
5新井 宏彰146POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基194POINT
2渡辺 祐介186POINT
3小川 孝平169POINT
4安原 志153POINT
5岡野 聖149POINT
PAGE TOP