おすすめ記事をPICK UP!

続報。ライアン・ダンジー引退コメント

KTMジャパンより、ライアン・ダンジー選手のコメントが発表されました


ダンジーのコメント:
「数ヶ月考え続けた結果、今日、スーパークロスとモトクロスのプロ フェッショナルライダーとしての現役生活から引退することを発表し ようと決めた。まだ実感が湧かない。この決断はとても難しかった。 私はレースを続けることで多くの夢や理想を実現してきたので、モト クロスには言葉では言い表せないほど感謝している。私は努力も重ね てきた。しかしスポーツとは非情な一面もある。モトクロスというス ポーツは特に厳しい。シーズンが長く、多くの犠牲を払う必要がある からだ。ここで頂点を極めるためには絶え間ないトレーニングを重 ね、常に自制心と戦わなければならない。今の私は、フィジカル面で はベスト・コンディションであり、レースの技術も最高潮にある。勝 つための要素が揃っていることには疑いの余地がない。この一方で、 今季の私は常にメンタル面と戦ってきた。私にとってレースとは人生 そのものであり、レースを愛し、レースに勝つことを強く望んでき た。しかし、今年はいつもと違っていた。レースに向かう心の変化 は、私に多くのことを気付かせてくれた。今後もこれまで通りにレー スに出場し、契約金を手にすることもできただろう。しかし、これは 自分が理想とするレースではないし、なにより自分らしくもない。 いまから10日ほど前、最終戦が行われたラスベガスの表彰台で、私 は、今シーズンのタイトル獲得はこれまでの人生でもっとも価値ある ものだと述べた。それほど今シーズンのタイトル争いは厳しかった。 この戦いはコースから離れていた時でさえ続いた。常に自分を鼓舞 し、自分を信じ続けてきた。そうして獲得した3年連続のタイトルは 2017 年 5 月 18 日 Press Information 誇りであり、これ以上の喜びはない。私はこのスポーツを愛してい る。しかし今、このレースから離れる心の準備ができた。支えてくれ た多くの人々に祝福され、健康な状態でレースキャリアに終止符を打 てることを幸せに思う。私はレースで全ての目標を達成できた。もち ろん今後も、愛するモトクロスに携わり、モトクロスがよりいっそう 発展するために尽くしたいと考えている。今はすでに、次の人生でど んなことが起きるかを想像し、期待で胸が高鳴っている」

 


KTM GROUP CEO/ステファン・ピエラのコメント:
「2012年、Red Bull KTM Factory Racingの監督、ロジャー・デ・コス タとともにライアン(ダンジー)がKTMにやってきた。彼がKTMファ ミリーとなって早6年。以来、ライアンは、KTMにとって重要な歴史 を刻み、KTMを世界のトップスポーツブランドへと押し上げてくれ た。ライアンは卓越したパフォーマンスとともに、優れたパーソナリ ティをもってKTMを高みへ導いてくれた。我々は彼の功績に大いに感 謝している。そして彼の次なるステージにおいてもKTMとともに歩ん でくれることを誇りに思っている」


KTMモータースポーツ・ディレクター/ピット・バイラー:
「ライアンにはまず、2017年シーズンのタイトル獲得を祝福したい。 今シーズンのタイトル争いは今までになく熾烈で、それを勝ち抜き、 トロフィーをKTMに持ち帰ったことは本当に素晴らしい。ライアンの ようなアスリートとともに仕事したことは、KTMにとって大いなる財 産となった。ライアンはAMAスーパークロスでKTMに初勝利と初タ イトルをもたらし、KTMの歴史を塗り替えた。彼やチームはアメリカ のモトクロス史を変えたといっても過言ではない。ライアンが、今後 も我々とともに若いライダーたちを発掘し、育てることで未来に向け て歩んでくれることを楽しみにしている」


チーム監督/ロジャー・デ・コスタのコメント:
「10年以上にわたりライアンとともに戦ってこられたことを誇りに思 う。彼は常に表彰台の頂点を目指して戦った。私は彼ほど真剣にレー スに向き合うライダーを見たことがない。彼の引退はひとつの時代が 終わりを迎えたことに等しい。しかし、ライアンは今後も我々ととも に次のキャリアを歩んでいく。すでにAMA−MXに向かうマービン(ム スキャン)のトレーニングをサポートしている。これからもライアン とともに仕事ができることを楽しみにしている。我々はライアンと、 彼の妻リンゼイが、これからも素晴らしい人生を歩んでいくことを心 から願っている」

ダンジーは、ミネソタ州出身の27歳。AMAスーパークロスでは、今 回の3季連続チャンピオンを獲得に加え、2012年にもタイトルを獲得 し、450SXクラスでは通算4回にわたり王者となりました。また、ア ウトドアで行われるAMAモトクロス選手権(AMA-MX)では、2010 年、2012年、2015年にタイトルを獲得。2009年は、AMA-SX250クラ ス西地区とAMA-MX250クラスでもチャンピオンとなりました。 さらに2009年から2011年にかけて、モトクロスレースの国別対抗戦 「Motocross des Nations Championships(モトクロス・デ・ネイシ ョンズ・チャンピオンシップ)」にアメリカ代表チームの一員として 参加し、タイトル獲得に大きく貢献しました。 ダンジーのキャリアは、レーストラック上にとどまりませんでした。 彼は偉大なアスリートとしてスポーツ界に多大な功績を残しました。 アメリカのスポーツ専門チャンネル『ESPN』が主催するスポーツ選 手の年間表彰式「ESPYアワード」において、2015年に続き2016年も “Best Male Action Sports Athlete/最優秀男性アクション・スポーツ・ アスリート”を獲得しています。さらに、2016年はシリアル食品のト ップブランド『Wheaties(ウィーティー)』のパッケージにも起用さ れました。Wheatiesは、1924年に誕生して以来、アメリカのトップ アスリートをシリアルの商品パッケージ・キャラクターに起用してお り、これまで、ベーブ・ルース(野球)やモハメド・アリ(ボクシン グ)、マイケル・ジョーダン(バスケットボール)やタイガー・ウッズ (ゴルフ)などが起用されてきました。 ダンジーはライダーとして初めてWheatiesのパッケージに起用された アスリートで、アメリカのモトクロス史にマイルストーンを築きまし た。

引退記者会見とQ&Aの動画はこちらです

関連記事

  1. ウエストウッドのチャンピオン獲得セール

  2. 熱田孝高選手の現役引退について

  3. 4/8.9全日本モトクロス開幕!追記

  4. 今季最終戦のみどころ・全クラスがこの最終戦でタイトル決定!

  5. 第8戦みどころ・チャンピオンに向けたシーズン終盤の闘い

  6. メディア更新情報第8戦レースレポート

  7. MXGP Rd7ラトビア

  8. オフロード雑誌発売中!

  9. 本日発売!GARRRR1月号

特集記事

IA1CLASS POINT
1山本 鯨306POINT
2小方 誠295POINT
3成田 亮248POINT
4平田 優244POINT
5新井 宏彰222POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基274POINT
2渡辺 祐介271POINT
3小川 孝平237POINT
4岡野 聖235POINT
5安原 志203POINT
PAGE TOP