全日本モトクロス選手権最終戦決勝速報

宮城県のスポーツランドSUGOで開催された全日本モトクロス選手権の今季最終戦。その決勝日は朝から秋晴れに恵まれ、前日はマディだったコースは、午前中こそ土が柔らかい区間もありましたが、ほぼベストな状態となりました。IAは両クラスとも、逆転でチャンピオン決定!

ここでは、今大会で活躍したライダーの声をお伝えします。

 

【IA-1】

●決勝ヒート1

スポット参戦したふたりの世界選手権ライダーが、スタート直後から異次元の速さを披露。さらに両者の間でも、ティム・ガイザー(#243)がジェレミー・シーワー(#91)を圧倒。ガイザーが優勝、シーワーが2位でした。3位には、日本人のチームメイトたちを引き離して成田亮(#982)が入りました。

 

●決勝ヒート2

 

2018 JMX SCHEDULE

4/7・8HSR九州(熊本)
4/21・22オフロードヴィレッジ(埼玉)
5/12・13スポーツランドSUGO(宮城)
5/26・27世羅グリーンパーク弘楽園(広島)
6/9・10HSR九州(熊本)
7/21・22藤沢スポーツランド(岩手)
8/25・26世羅グリーンパーク弘楽園(広島)
9/8・9名阪スポーツランド(奈良)
10/27・28スポーツランドSUGO(宮城)
PAGE TOP