おすすめ記事をPICK UP!

FIM ジュニア モトクロス ワールドチャンピオンシップ TEAM JAPAN 出場!

7月29.30日にエストニアで開催される【FIMジュニアモトクロスチャンピオンシップ】に、5人の日本人ライダーが派遣されることが発表されました。5年前に出場した下田丈選手は現在アメリカで活躍しており、昨年出場の岸桐我(きしとうあ)選手はヨーロッパのジュニアライダーたちがしのぎを削るEMX150(Honda 150 European Championship )に挑戦中です。TeamJapanを応援しましょう!

【MXGP125クラス】
鴨田翔(かもだかける)/KTM125sx
内藤龍星(ないとうりゅうせい) /KTM125sx

【MXGP85クラス】
袴田哲也(はかまたてつや)/KTM85sx

【MXGP65クラス】
田中淳也(たなかじゅんや)/KTM65sx
坂田大和(さかたやまと)/KTM65sx

TeamJAPAN監督 元木龍幸

監督からのメッセージ

7月29日30日にエストニアで開催されます。ジュニアのモトクロス世界大会です。
初めてJOEが1人で!5年前に65クラスにチャレンジしてから、今年で5回目の世界大会。沢山のスポンサー様のご協力のお陰で過去最多の5名の日本人ジュニアライダーが出場する事になりました。
TEAM JAPAN 初の125クラスも 2名のエントリー 正直 125クラスは 初チャレンジになりますがが!毎年レースを見る限り かなりのレベルの高さです。 簡単には結果が出るクラスじゃないですが全力で挑みます。ライダーは 昨年ジュニアから3階級特進を果たし125sxでIB を戦っていました今年 IB #7 鴨田 と 昨年2階級特進しました125sx IBで活躍中の#74 内藤が選出。#7鴨田に関しては 2年前に85クラスで代表選手に選ばれ2度目のチャレンジ。内藤も今年125sxで かなり調子が良く世界での125のレベルを経験させたい人材です。

85クラスに関しても、昨年ロシア大会で活躍しました。JOE.TOA.SOYA お陰で日本人ライダーが かなり注目されております。今年の日本代表選手からは 昨年 広島全国大会と 菅生全日本GPで 優勝しました。#31袴田 が選出。彼も2年前に65クラス 代表選手に選ばれ2度目のチャレンジになります。
今年も、シーズン前から調子が良くてかなり楽しみなライダーです。

そして、昨年は 65クラスの世界大会が無くなってしまいましたが、今年は 復活!世界から65クラスのライダーが間違いなく集結します。
日本代表選手からは、昨年全国大会65クラス 優勝の#55田中(ジュンヤ) と #28坂田が選出!2名共 初の世界大会になりますが、JOEがヒート優勝した3年前のベルギー大会 以来の65クラス 日本人表彰台を狙います。

以上 5名のライダーが 出場いたします。
エストニアはサンドっぽいコースみたいで レースまでに日本代表選手の強化トレーニングも必要です!やる事!段取りしないといけない事は 山程ありますが( ̄∀ ̄)
夏まで 追い込んで頑張ります。
皆さん TEAM JAPAN 熱い応援宜しくお願いします。

昨日は EMX150のTOAが ドイツで開幕戦 でした。今週末 アメリカでも JOEが 夏のロレッタリン決勝に向けて!予選が開催されてます。そして65クラスも BOSSレーシングの#19生嶋が アメリカで🇺🇸夏のロレッタリンをかけて 予選レースに行ってます。

ジュニアのライダーが各 世界で頑張っています。皆様の熱い応援宜しくお願いします。

TEAM JAPAN 監督 元木

 

関連記事

  1. 2018モデル THOR

  2. MXGP Rd7ラトビア

  3. 全日本第7戦レポート集めました!

  4. AMAナショナル第5戦テネシー

  5. 全日本モトクロス選手権第7戦(近畿大会)/決勝速報

  6. RIDE&DRIVE放送予定!5/27~

  7. AMAナショナル第3戦 レイクウッド

  8. 2017年レーススケジュール

  9. 下田丈RCSXで3位表彰台!

特集記事

IA1CLASS POINT
1山本 鯨306POINT
2小方 誠295POINT
3成田 亮248POINT
4平田 優244POINT
5新井 宏彰222POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基274POINT
2渡辺 祐介271POINT
3小川 孝平237POINT
4岡野 聖235POINT
5安原 志203POINT
PAGE TOP