おすすめ記事をPICK UP!

2017FIMジュニアモトクロスワールドチャンピオンシップ結果

7月29,30日にエストニアで開催されたFIMジュニアモトクロスチャンピオンシップに出場したTEAM JAPANの結果です

【MXGP125クラス】

鴨田翔(かもだかける)/KTM125sx

予選敗退 LCQ20位

 

内藤龍星(ないとうりゅうせい) /KTM125sx 

予選敗退 LCQ15位

 

【MXGP85クラス】

 

袴田哲也(はかまたてつや)/KTM85sx

予選敗退 LCQ7位

 

【MXGP65クラス】

田中淳也(たなかじゅんや)/KTM65sx

予選通過 8位
決勝ヒート1 34位
決勝ヒート2 14位
総合20位

 

坂田大和(さかたやまと)/KTM65sx

予選通過 16位
決勝ヒート1 32位
決勝ヒート2 28位
総合 31位

 

TEAM JAPAN監督元木氏のコメント

結果としては惨敗と捉えられても仕方の無い結果となりましたが今回の挑戦に至るまでの準備やライダー達の取組など国内では得難い貴重な経験を積む事が出来た事は残した順位以上の価値があると思います。又 国内の順位は日本のモトクロスにおけるジュニアの育成プログラムのレベルをあらわしたものであり この結果を糧にできるようこれからも世界で戦えるライダー達を輩出 できるよう全力で頑張りたいと思います。 この世界大会にご協力頂きました各スポンサーの皆様方とご支援ご協力頂きました関係者の皆様方ありがとうございました。

TEAMJAPANの皆様、お疲れ様でした!

 

関連記事

  1. Super Cub 1億台記念レースHRC公式動画

  2. メディア更新情報第4戦レースレポート

  3. ヤマハ・プレシンジャー選手の欠場について

  4. GARRRR最新号発売中!

  5. 明日放送、第5戦神戸大会<RIDE&DRIVE>

  6. 全日本モトクロス選手権第5戦(東北大会)/決勝

  7. MXGP Rd11 イタリア

  8. 12月11日「一将祭り!」

  9. 日本代表、決勝を18位で終える(MXON)

PAGE TOP