おすすめ記事をPICK UP!

全日本モトクロス選手権第6戦(SUGO大会)/予選速報

約1ヵ月半の夏休みが終わり、全日本モトクロス選手権はシーズン後半戦に突入。第6戦SUGO大会が宮城県のスポーツランドで開催され、その各クラス予選が8月26日(土)に行われました。朝方まで降った雨の影響などで、朝イチの路面はマディコンディション。しかし日中は晴れ、午後にはドライまで一気に回復しました。コースは、第4戦をほぼ踏襲するレイアウトですが、降雨の影響で予選日のみ大坂がショートカットされました。

 

IA1クラス

予選出走台数は19台。10分+1周の予選レースは、前戦でランキングトップに躍り出た山本鯨(#400)の好スタートで幕を開けました。大塚豪太(#45)、田中雅己(#113)、トップと3ポイント差のランキング2番手につける小方誠(#10)、その小方とわずか5ポイント差のランキング3番手となっている成田亮(#1)が、山本を追撃。1周目に小方が2番手、成田が3番手に浮上すると、2周目以降は山本と小方と成田の3台が、後続を大きく引き離しながらトップ争いを展開しました。この中で成田は、2周目に小方を抜いて2番手に順位を上げました。

一方、4番手争いでは3周目に入ったところで大塚や田中が転倒。これで大塚が8番手まで順位を下げ、新井宏彰(#331)が4番手、田中が5番手キープ、転倒で出遅れていた平田優(#99)が6番手となりました。レース終盤、トップはなおも3台による争い。一度は少し間隔が開きましたが、最終ラップには成田がトップの山本に肉迫しました。しかし順位は変わらず、これで予選レースは山本、成田、小方、平田、新井、田中、小島庸平(#44)、深谷広一(#7)、大塚、星野裕(#8)のトップ10となりました。

IA2クラス

37台が2組にわかれて10分+1周の予選レースを走り、30名の決勝進出者を決めました。A組は、好スタートを切ったポイントリーダーの古賀太基(#922)を、岡野聖(#30)と池本凌汰(#38)が追う展開。ランキング3番手の小川孝平(#912)は、スタート直後に転倒して最後尾からの追い上げとなりました。2周目、古賀がミスして3番手に後退。しかし翌周に池本を抜くと、トップの岡野に迫りました。岡野と古賀は、ラストの6周目までバトルを演じるも順位は変わらず。岡野がトップ、古賀が2位、池本はこの2台から遅れて3位、驚異的な追い上げを見せた小川が4位でした。

B組は、トップと8ポイント差のランキング2番手で今大会を迎えた渡辺祐介(#31)がホールショット。オープニングラップから、いきなり後続を引き離していきました。2番手争いは、道脇右京(#40)と安原志(#17)。2周目に安原が先行して、こちらも単独走行となっていきました。レース中盤、道脇を大木汰一(#57)と内田篤基(#43)がパス。レースは渡辺がトップでチェッカーを受け、安原が2位、大木が3位、内田が4位、道脇が5位となりました。決勝進出トップ10は渡辺、岡野、安原、古賀、大木、池本、内田、小川、道脇、ハドリー・ナイト(#777)です。

レディースクラス

2組40台が各3周の予選レースを行いました。A組は、ポイントリーダーの竹内優菜(#2)が好スタート。本田七海(#6)と第4戦SUGO大会勝者の畑尾樹璃(#3)が追うと、1周目に畑尾が本田を抜きました。2周目以降、竹内は徐々にリードを拡大。畑尾と本田は最後までバトルを続け、畑尾が僅差で順位を守りました。

B組は、前戦で今季初優勝を収めた安原さや(#4)を、川井麻央(#14)とランキング2番手の久保まな(#5)、勝股七海(#9)がマーク。安原が逃げ切り、最終ラップに川井を抜いた久保が2位でした。決勝進出トップ6は竹内、安原、畑尾、久保、本田、川井です。

 

関連記事

  1. 続報。ライアン・ダンジー引退コメント

  2. Honda二輪モータースポーツ活動計画

  3. スーパークロス第3戦アナハイム

  4. MXGP Rd13 チェコ

  5. MFJ MOTO AWARDS ご招待

  6. 続報!MXGP能塚智寛動画

  7. MXGP Rd11 イタリア

  8. メディア更新情報第5戦レースレポート

  9. メディア更新情報

特集記事

IA1CLASS POINT
1山本 鯨306POINT
2小方 誠295POINT
3成田 亮248POINT
4平田 優244POINT
5新井 宏彰222POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基274POINT
2渡辺 祐介271POINT
3小川 孝平237POINT
4岡野 聖235POINT
5安原 志203POINT
PAGE TOP