おすすめ記事をPICK UP!

全日本モトクロス選手権第6戦(SUGO大会)/決勝

日曜日速報

第6戦SUGO大会の決勝は、宮城県のスポーツランドSUGOで8月27日(日)に開催されました。朝から晴天に恵まれ、路面はドライコンディション。日差しは強いものの、やや強めの風が心地よく、猛暑までは至らず。とはいえレースのほうは、熱い戦いの連続に!

ここでは、今大会で活躍したライダーの声をお伝えします。

IA-1ヒート1

レースは序盤から、山本鯨(#400)と成田亮(#1)と小方誠(#10)による三つ巴のトップ争い。トップ走行中の山本が転倒し、これで先頭に立った成田を小方が逆転。終盤は小方がわずかにリードを奪い、成田と山本のチームメイトによる2位争いは山本に軍配。

優勝 小方誠(#10 

やりました~! レース前半は、前を走る成田さんと山本君がとても速くて、これはキツいレースになると思ったんですが、途中で鯨君がミスしてしまい、成田さんはうまく抜くことができました。けっこう暑かったんですが、応援のおかげで勝つことができました!

2位 山本鯨(#400)

課題というか敗因は、しっかりわかっています。実力で負けていないということも、レースの中で証明できていると思うので、あとは次のレースでしっかり勝つだけです。ヒート2も全力でがんばります。

3位 成田亮(#1)

後輩も速くなっていると思うし、自分は衰えてきているような気がしているので、ちょっと危ういかなとも思うんですが、自分なりに一生懸命練習しているし、チームも力を貸してくれています。次は応援をさらなる力に変え、ここで150勝を決めたいと思います。

IA-1ヒート2

レース序盤、山本鯨(#400)と小方誠(#10)と新井宏彰(#331)がトップグループを形成。山本は敢えて小方を前に出す作戦を取り、小方と山本が僅差のまま、新井を引き離していきました。レース後半、山本のプレッシャーを感じた小方がミス。これで山本が優勝!

優勝 山本鯨(#400)

レース前は、いつもと同じようにしっかり準備して臨みました。序盤から逃げ切るつもりが、小方選手も速く、前に出てもらってレースを組み立てることにしました。抜けるところがなく苦しかったのですが、うまくプレッシャーをかけ続けられました。

2位 小方誠(#10)

めちゃめちゃ悔しいです。トップに立って、そのまま逃げ切りたかったんですが、自分のミスで順位を落としてしまいました。次の近畿大会では、この悔しさをバネにまた勝利をつかめる走りをしたいと思います。

3位 新井宏彰(#331)

第4戦のSUGO大会はケガで欠場したので、僕にとってはこれが今季初のSUGOでした。ケガはほぼ完治しているのですが、現状としてはこれが実力。とはいえ、まだここから3大会あるので、来年に向けて尻上がりに調子を上げていけるようにがんばります。

IA-2ヒート1

レース序盤は、インターバルの間にヨーロッパで世界選手権に挑戦してきた古賀太基(#922)と、アメリカでトレーニングしてきた小川孝平(#912)の戦い。この接戦を制した小川が逃げ切り、終盤に古賀を逆転した岡野聖(#30)が2位になりました。

優勝 小川孝平(#912)

やっと勝てました。前戦が終わってからアメリカでトレーニングしてきて、コーチ陣のおかげですごくよい乗り込みができたので、その成果がでたんじゃないかと思います。シーズン残りのレースを全部勝てばチャンピオン獲れるんで、狙っていきたいと思います。

2位 岡野聖(#30)

レース序盤はトップが狙える位置にいたんですけど、自分のスピードじゃあちょっと厳しいなと思って、途中から2位狙いに切り替えました。いいレース展開ができたと思います。ヒート2は、トップに置いていかれないように優勝を狙ってがんばります。

3位 古賀太基(#922)

インターバルの間に、支えてくれている方々のおかげでMXGPにスポット参戦してきました。GP帰りのいい走りをするつもりだったんですけど、ちょっと緊張してしまい、動きがカタくなって腕上がり。いい走りを見せることができませんでした。ヒート2こそは!

IA-2ヒート2

ヒート1はスタート直後に古賀太基(#922)とホールショットを競って転倒し、最後尾から6位まで追い上げた渡辺祐介(#31)が、このヒートでは最初からトップを走って独走。古賀が3位だったので、古賀と渡辺のポイント差は8点で前戦終了時点と同じまま。

優勝 渡辺祐介(#31)

ヒート1はスタート直後の転倒で6位に終わったのですが、ここは地元で、たくさん応援に来てくださっている方々がいるので、ヒート2はなんとか勝ちたいと気持ちを入れ替えて臨みました。最終戦でSUGOに戻ってきたときは、チャンピオン報告をしたいです。

2位 岡野聖(#30)

両ヒートを2位でまとめて、苦手なSUGOでなんとか総合優勝を獲得することができたので、とりあえず今大会の結果には満足しています。次戦は地元の名阪スポーツランドが舞台なので、今度はぶっちぎりで勝つことができるようにがんばります。

3位 古賀太基(#922)

ヒート1よりはちょっとよかったのですが、走り切るのが精いっぱいというような内容。途中で接触転倒してしまい、なんとか最終ラップに1台抜いて最低限の順位という感じでした。表彰台の一番高いところに立たなければ満足はできないので、次こそ勝ちたいです。

レディ

オープニングラップでトップに立った畑尾樹璃(#3)が、レース前半は3秒ほどのアドバンテージでトップをキープ。2番手争いは混戦で、竹内優菜(#2)や本田七海(#6)が転倒したこともあり、久保まな(#5)が先頭に。その久保を振り切った畑尾が今季2勝目!

優勝 畑尾樹璃(#3)

先週、事前練習に来たときはぐちゃぐちゃのマディで、でもすごく走りがよくなったので、内心では雨を願っていました。ところが晴れちゃったんですが、スタートも決まってうまく逃げ切れたのでよかったです。今日はおばあちゃんの誕生日。優勝をプレゼントします。

※詳しいレポートは、レース開催翌日朝にアップされるMFJオフィシャルサイトをご覧ください。

関連記事

  1. AMA SX第7戦ミネアポリス

  2. オフロード誌発売中~!

  3. 2017年度MFJライセンス申請

  4. 4/8.9全日本モトクロス開幕!

  5. カワサキ体制発表!

  6. 全日本モトクロス第7戦【速報】

  7. どちらも本日発売です。

  8. AMA SX第4戦フェニックス

  9. AMA SX第12戦デトロイト

特集記事

IA1CLASS POINT
1山本 鯨306POINT
2小方 誠295POINT
3成田 亮248POINT
4平田 優244POINT
5新井 宏彰222POINT
IA2CLASS POINT
1古賀 太基274POINT
2渡辺 祐介271POINT
3小川 孝平237POINT
4岡野 聖235POINT
5安原 志203POINT
PAGE TOP