観戦POINT10

応援は、はしゃぎすぎくらいでちょうどいい!?

全日本モトクロス選手権の会場は、安全を確保しながらもコースと観客エリアが近いのが特徴。このため選手達は頻繁に、「コースサイドでフラッグを振ってくれていて、力になりました!」とか、「低速コーナーでエンジン回転が下がると、応援の声がいっぱい聞こえて、もうちょっと頑張ろうと思いました」などと話しています。

モトクロスは、体力勝負の要素もあるので、応援がライダーの“底力”を引き出すことがたくさんあるんです。

コースサイドで、大声を上げて、あるいは旗やタオルなどを振って、ライダーにパワーを届けましょう!

また、IA1の決勝ヒート2終了後には、ゴールした選手がコースを1周しながら観客とハイタッチする、クールダウンラップが設けられています。

このときは、マーシャルバイクが過ぎたあとなら、観客もコースに入って大丈夫。選手が左手でハイタッチできるよう、コースの進行方向左側に並んで、ぜひライダーを称えてあげてください!

 

 

 

2018 JMX SCHEDULE

4/7・8HSR九州(熊本)
4/21・22オフロードヴィレッジ(埼玉)
5/12・13スポーツランドSUGO(宮城)
5/26・27世羅グリーンパーク弘楽園(広島)
6/9・10HSR九州(熊本)
7/21・22藤沢スポーツランド(岩手)
8/25・26世羅グリーンパーク弘楽園(広島)
9/8・9名阪スポーツランド(奈良)
10/27・28スポーツランドSUGO(宮城)
PAGE TOP