観戦POINT3

「汚れてもいい」が観戦スタイルの基本!

モトクロスレースでは、ライダーが勢いよく土や泥を巻き上げながらコースを疾走します。

その大迫力こそが魅力なのですが、土や泥が巻き上げられるということは、当然ながら観客である我々がそれによって汚れることもあります。

また、山林地帯や河川敷などにコースがあるため、基本的に会場は未舗装。会場をぶらぶらしているだけでも、足元が汚れてしまうことがあります。
そこで観戦時には、土や泥による汚れがシミになってもあまり悲しい気持ちにならない服と靴を着用しておくのがベスト。少なくとも、真っ白なパンツはお薦めできません!

会場内では、コースサイドやパドックなどの未舗装路を歩きまわることも多いので、動きやすい服装が基本。コースに到着してからアウターと靴を着替え、帰宅前にもう一度元の服装に戻れば、移動も観戦も快適にできますね。
それから、観戦エリアにはイスなどがないことがほとんどです。折り畳みのイスや敷物などがあると、快適にレースを楽しめますよ!

 

 

2018 JMX SCHEDULE

4/7・8HSR九州(熊本)
4/21・22オフロードヴィレッジ(埼玉)
5/12・13スポーツランドSUGO(宮城)
5/26・27世羅グリーンパーク弘楽園(広島)
6/9・10HSR九州(熊本)
7/21・22藤沢スポーツランド(岩手)
8/25・26世羅グリーンパーク弘楽園(広島)
9/8・9名阪スポーツランド(奈良)
10/27・28スポーツランドSUGO(宮城)
PAGE TOP